姉弟のロードムービー インド映画「レインボー」徹底解説: インドの大地を駆ける心温まる旅

スポンサーリンク

「レインボー」をより楽しむために抑えておきたいポイント

ナージュ・カーン監督によるインド映画『レインボー』。この映画は、単なるエンターテイメントを超えた、深い感動と心温まるメッセージを秘めています。

『レインボー』は、ラージャスタンの砂漠地帯を背景に、10歳の少女パリと、彼女の盲目の8歳の弟チョートゥの物語を描きます。二人は、有名なインドの俳優シャールク・カーンが盲目の子どもたちの手術に資金を提供するという噂を耳にし、彼を探す冒険へと出発します。

この記事では、『レインボー』の物語の深い層を掘り下げ、映画が投げかけるメッセージや、そこに込められた監督の意図について徹底解説していきます。希望と夢を追い求めるパリとチョートゥの心温まる旅に、一緒に出かけましょう。

こんな人にオススメ

『レインボー』は、そのユニークなストーリーと感動的なテーマで、様々な視聴者に響く作品です。この映画を特にオススメしたい人々は以下のような方々です

ファミリードラマが好きな人

家族の絆や兄妹の関係を描いたストーリーが好きな方にはぴったり。映画は、家族愛の重要性を強調しています。

冒険映画が好きな人

若い兄妹が主人公の冒険旅行を描いており、旅の中での成長や変化を楽しむことができます。

インドの文化に触れたい人

インドのラージャスタン州の豊かな文化や風景が舞台。異文化を学びたい方にも適しています。

「レインボー」とは

映画概要

タイトルレインボー
公開年2015年
インド
上映時間106分 
ジャンル冒険・家族
配信サービス配信状況
U-next×
NETFLIX
Amazonプライムビデオ×
Hulu×

※動画の配信情報は2023年12月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトでご確認ください。

主要人物

パリ(ヘタル・ガーダ)

物語の主人公であり、弟想いの10歳の少女。彼女は頭が良く、優しくてしっかり者、弟チョートゥの目を治すためにあらゆる困難に立ち向かいます。

チョートゥ(クリシュ・ チャブリア)

パリの8歳の弟で、生まれつき目が見えません。彼はパリを非常に信頼しており、また口が達者でかんしゃくもちです。

叔母と叔父

優しいけど甲斐性なしのおじさんと、ケチで怖いおばさん。

シャー・ルク・カーン

映画内で言及される有名なインドの俳優。彼の存在は、パリとチョートゥが旅をする大きな動機となりますが、実際には物語の中では直接的な役割はありません。

どんな映画か

あらすじ

映画『Dhanak』(『Rainbow』)は、インドのラージャスタン州の砂漠地帯を舞台にした、心温まるロードムービーです。この物語は、10歳のパリと彼女の8歳の盲目の弟チョートゥを中心に展開します。

兄妹は両親を亡くし、ケチな叔母と叔父に育てられています。姉のパリは、大好きな俳優シャールク・カーンが盲目の子どもたちの手術のための資金を提供するというポスターを見かけます。シャー・ルク・カーンが近くの街で撮影している噂を聞き、弟のチョートゥの目を治すためにシャー・ルク・カーンを探す旅に出ます。その道中では優しく温かい人々と出会いながら、様々な困難に立ち向いながら冒険しますが…

見どころ

映画の見どころは、その素朴で心温まる物語と、美しいラージャスタン州の風景にあります。

2人の旅は困難に満ちたものですが、彼らが出会う人々は温かく優しい人々で物語にリアリティと多様性をもたらし、人生の奥深さを描き出しています。また、この映画は、インドの文化的、社会的背景にも光を当てており、特にラージャスタン州の伝統と現代性が融合した独特な世界観が魅力です。

希望と夢を追い求める心の重要性と、家族の絆の強さを感動的に伝える作品です。また、カラフルな映像と心に響く音楽が、物語の感情を豊かに表現し、視聴者をインドの美しい文化と風景の旅へと誘います。

原題の「Dhanak」の意味とは!?

次のページへ >

-インド映画特集, 新着映画, 映画作品, 映画紹介